使い方

いきなりですが、どんなお住まいにも性能があります。

例えば『長期優良住宅レベル』とうたわれたお住まいでも、できることできないことがあります。

新居を作られる時に期待することはたくさんありますよね。

今までよりも暖かく。今までよりも湿気を気にせず。とにかく、今までよりも気持ちよく。

それがどれくらいの燃費で実現できるのか?ご確認できているでしょうか?

車を書くときには当たり前のように確認することができることを、住まいでは確認できていませんか?

今の建築理論では少なくとも6時間(図面が確定していることを前提に)あれば、燃費計算ができます。

工法によっては出力的に可能な能力の上限もあります。住まい方もあります。

めんどくさいかもしれませんが、住まわれる前に、お作りになられる前にご確認することが何より大切かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です