補強

お客様から、雪に強くなるように補強をするには?とご質問を受けました。

単純に積もっても耐えられるようにしたいのであれば、鉛直荷重に強くするようにすれば良いですね。

柱を増やせばいいんです。ただし屋根からの荷重をダイレクトに伝えたいならば、横の部材。梁を渡して屋根の構造材につなげてあげるとよいでしょう。

ただしこれは降って、積もるだけの現象についてです。

地震や大風などの影響を考えると、柱の抜けを防止したり、横からの荷重の影響を考えなければいけません。

限定的に強くするのは割と簡単なんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です