気密工事

10月2日 (3)_R

長岡市北山の現場です。

気密工事の画像です。柱とパネルの間は気密テープ。金物でパネルをカットせざるを得なかった部分はウレタンを吹きつけて埋めてあります。

隙間を残さないのは隙間からの熱の流出を止めるためと、計画換気を有効に機能させるため。それともちろん部材を痛まさせないためです。

屋内外の温度差が大きい現代建築物においては予定のない空気の流出口が結露の原因となり、そこから建築部材が痛んでいきます。

温度差がなければ結露もおきませんからね。

2日はお客様と現場にてお打ち合せでした。内容は天井位置のおさめについてでした。

ご苦労様でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です